SankyoGroupはセキュリティ対策として暗号化通信(SSL)に対応し、セキュリティが向上しました | SankyoGroup

SankyoGroupはセキュリティ対策として暗号化通信(SSL)に対応し、セキュリティが向上しました

暗号化通信(SSL)とは

SSLとは、通信が暗号化されるため、改竄、盗聴などの攻撃を防ぐことができる仕組みのことです。暗号化することによる特別な操作は必要ありません。

SSLはウェブサイトを閲覧する際の通信を暗号化することで、悪意のある第三者が通信の中身(お問い合わせなどの個人情報・内容などの重要な情報)を盗み見て悪用することや解読・改竄することを困難にします。

また、SSL対応に伴い、今までのアドレス「https://sankyogrp.com」が「https://sankyogrp.com」と変更になりました。SSLに対応していることはブラウザのアドレス表示部分に鍵マークが表示されることでも判断できます。アドレスは自動的に転送されますので、ブックマークなども変更なく今まで通りに閲覧いただけますが、携帯電話など一部古い機種・ブラウザからの閲覧が出来なくなる場合がございます。

HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure) は、HTTPによる通信をより安全に(セキュアに)行うためのプロトコルおよびURIスキームである。厳密に言えば、HTTPS自体はプロトコルではなく、SSL/TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でHTTP通信を行うことをHTTPSと呼んでいる。

HTTP通信において認証や暗号化を行うために、ネットスケープコミュニケーションズによって開発された。当初、World Wide Web上での個人情報の送信や電子決済など、セキュリティが重要となる通信で使用されるようになった。その後、公衆無線LANの普及による中間者攻撃のリスクの増加、PRISMによる大規模な盗聴、ネット検閲への対抗などを要因として、あらゆるHTTP通信をHTTPSに置き換える動きが活発になっている。
HTTPSは、メッセージを平文のままで送受信する標準のHTTPと異なり、SSL/TLSプロトコルを用いて、サーバの認証・通信内容の暗号化・改竄検出などを行う。これによって、なりすまし・中間者攻撃・盗聴などの攻撃を防ぐことができる。

ウィキペディアより

なお、https化について詳細を知りたい方はこちらでも確認できますのでご参考にしてください。